EN 12572-1、2面要素(パネル)の衝撃試験

スポーツクライミングのための人工岩で最も重要なのは安全であり、そのためには、やはり構造物の完全性が保証されます。この完全性は、人工岩が風や雪や雨などの環境的な部分は、登山活動によるストレスなど、様々な要素に対して適切な安定性を確保することを意味します。したがって、この規格は、この部分の適正性判定のために、いくつかの要素を様々な方法で測定評価されます。


このうち、表面要素、すなわち、パネルの衝撃試験は、クライマーが墜落し、作り出す衝撃に直接さらされているパネルが適切な抵抗性を持っているのかを評価します。通常クライマーが墜落をすることになるときは、ロープに1次的な影響を与えながら、ある程度の吸収が行われ、残りのストレスは再利用水に伝達がされます。確保水は再び人工岩の骨組みとなる構造物のその力を伝達するので、この場合、ストレスは、パネルと呼ばれる人工岩の表面ではなく、その背後にある隠された骨組みが吸収しなければすることです。


一方、墜落したクライマーがパネルに直接ぶつかるされるときは、その衝撃の強さがパネルに直接ストレスをかけることになります。表面要素の衝撃試験は、これらのぶつかっ力に対してパネルが適正な抵抗性を持っているかを測定することです。
EN.12572-1標準規格が、主に構造物の適正な設計と安定性をテストするのであれば、この中央のパネルの衝撃試験は、パネルメーカーの品質レベルを測定する直接的な方法があります。

衝撃試験の方法
この規格では、衝撃試験方法は、付録Dに説明がされています。
まず試験に使用されるパネルは、対象となる人工岩壁に付着しているものとすることもあり、一緒に生産されたパネルや、同じ方法で生産された縦横1メートルの大きさのパネルを使用することができます。影響を与えるために使用されるのは約22kgの重さの金属ボタンでパネルと直接ぶつかる部分はシリコンで厚く覆われている必要があります。
試験では、1.5メートルの高さから、このボタンを墜落させて対象となるパネルの中央部分に約0.8knの力が加わるようにします。人工ロックのパネルを対象とする場合には、行にぶら下がっ追加1.5メートルの高さから墜落、スイングしながら表面を価格にして、サンプルを使用している場合には、床の上に高めたパネル上に1.5メートルの高さから錘を落として評価をし。
どのような方法でも同じように3回を試験するために、対象となるパネルが割れや離れる、余分な曲げなどの変形や損傷が起きてはいけません。

EN12572-PN01.jpg
EN12572-PN02.jpg

サンプルテスト/工場テスト

EN12572-PN03.jpg
EN12572-PN04.jpg

フィールドテスト/工場テスト

衝撃試験の理解
この試験は、人工岩の重要な構成要素であるパネルのためのものです。したがって、この試験の結果だけを持って対応する人工岩が安定性を持っているのか、いい施設のかを評価することはできません。前述したように、人工岩の安定性を適切に測定するためには、いくつかの部分を適正な方法で試験する必要があります。
ところが、まるでこの衝撃試験を通過したものを持って、その会社の人工岩施設がすべて優れたように言うことは正しくない誇張された表現です。この試験は、重要な指標ですが、まだ一部をテストする要素であるだけなのです。いくつかの製造業者は、この試験の結果についてENの証明書を受けた発表し、これを公然とマーケティングに活用する場合がありますが、このような場合、通常は、国際的な公信力を備えた試験評価機関以外で発行されたものです。もちろん、このような証明書は、可能性がありませんので、消費者は、この部分に注意が必要です。複数回繰り返して説明をリマインダ、EN規格は、特定の個々のロックの施設を対象とするので、特定の会社の製品が優れていると言うには建設されているすべてのロックについて毎回パネルの衝撃試験をしなければならすることです。

※本内容は、ディスカバリーのCSの解釈と見解だが、可能な限り客観的な視点からの技術ました。意見の相違がある方は、反論を提起することができますが、特定のベンダーを卑下したり、擁護する意見は丁重に断っています。