EN 12572-1、2ホールド締結部抵抗性試験

本試験は、人工岩パネルに固定されたホールド力と登山中クライマーの最大の優位性が登るパネルホールド締結区に適用することができる最大荷重を再現して、安全性を試験することで、試験対象と同じ素材、同じ製造過程で作られた試料で規定された温度と湿度の環境でテストする試験室試験である。

したがって、テスト環境が不規則な現場で行うことができる試験基準ではないことがわかる。また、EN 12572は、竣工検査の性格で施工時に使用された材料の試験基準であるため、施工後、一定期間が外気環境にさらされた人工岩をテストするための基準ではないと見ることができる。

EN 12572-1は、すでに使用されている人工ロックの点検方法について説明している。点検は、人工岩の使用は、老後に伴う構造物の安定性、腐食、故障等の問題を発見することに焦点を当てており、この検査の方法は、製造業者が規定するようにしている。 EN 12572-1の試験方法は、使用しているロックの点検のための方法がないのだ。 (付録Gを参照)

[A] EN 12572-1、2:2007バージョン

1.サンプリング:試験対象と同じ素材、同じ製造過程で作られた試料

2.試験手順

-アイボルトとディスタンスリングをその締結区にトルク15 Nmで組み立てる。

- 60秒間軸方向に荷重5kNをアイボルトに絶えずがある。

-試験は、必ず「クラスA」の試験機関によって行われなければならない。

견인기2007.jpg

※2017バージョンが出てきたので、以前のバージョンの異なる部分は無効。

[B] EN 12572-1、2:2017バージョン

1.サンプリング:試験対象と同じ素材、同じ製造過程で作られた試料

2.試験手順

-アイボルト(ホールド固定ボルトの条件とリトラクター接続)とディスタンスリング(ホールド状態)をテストホールド締結区に固定する。

- (20土2)mm / minの速度で最大(7,2土0,05)kNまで試料をロードする。

- 30秒間負荷を維持する

- (1,2士0,05)kNまでの負荷を外し変形するかどうかを測定する。

- 30秒間(1,2士0,05)kNの負荷を維持する。

- (20土2)mm / minの速度で最大(12士0,05)kNまで試料をロードする。

-試験は、温度(23±2)°C、相対湿度(50土10)%の条件で実施する。

홀드체결구견인도.jpg

[C]登山パネルホールド締結部抵抗性試験の構成条件

1.試料の条件

2.ホールド固定され、クライマー支配による最大荷重等の試験条件

3.試料の固定またはリトラクターの設置条件

4.牽引条件

5.判断

EN12572 panel test 01.jpg
en12572-111.jpg
en12572-112.jpg
en12572-114.jpg

※本内容は、ディスカバリーのCSの解釈と見解だが、可能な限り客観的な視点からの技術ました。意見の相違がある方は、反論を提起することができますが、特定のベンダーを卑下したり、擁護する意見は丁重に断っています。